女性の健康について ?>

女性の健康について

いつも美しく健康でありたいということは、女性の願いの一つです。女性の健康を守る方法のうちの一つは、ホルモンバランスを保つということです。男性とは違い、女性にはエストロゲンとプロゲステロンというホルモンがあり、常にバランスを保っていますが、生理周期によってバランスが大きく変わります。個人差はありますが、環境の変化、体調不良や睡眠不足などでバランスが崩れると生理不順や頭痛、腰痛といった体のトラブルが見られるようになります。だから体のトラブル防止には、ホルモンバランスを保つことが重要です。日頃から早寝早起き、食事の栄養管理、体を冷やさないなど体調管理をしっかりすれば自然とホルモンバランスが良くなり、健康への近道となります。

女性に不足しがちなミネラルとは~健康話 ?>

女性に不足しがちなミネラルとは~健康話

ミネラルとは、ビタミン、たんぱく質、脂質、糖質と並ぶ五大栄養素の一つで体内で合成することができないため、健康を維持するために食品から摂取する必要があります。
不足すると、生理痛や生理不順、子宮内膜症、子宮筋腫、不妊、貧血といった女性特有の病気を引き起こしかねません。
主要なミネラルには、カリウムやナトリウム、マグネシウム、リンなどがあります。
特に、その中でも日本人は、カリウムとマグネシウムが不足しがちです。
カリウムは海藻類や生野菜、果物に多く、マグネシウムは魚介類や豆類に含まれています。
日ごろから、これらの食材を積極的に取り入れることが大切です。
食事で補えない場合にはサプリメントの利用がおすすめです。

女性の単なる肥満解消は健康維持に適さない ?>

女性の単なる肥満解消は健康維持に適さない

健康維持のためには、適切な体重を維持する必要があります。
痩せすぎると疲れやすくなりますし、筋肉が減りすぎることで逆に肥満体質を招く可能性があります。
男性だけでなく、女性も無理なダイエットは健康を害するだけなのです。
肥満解消をすることは大切ですが、適正体重まで落ちたらその状態を維持させればOKです。

健康のために大切なのは、標準体重を維持した上で血液をサラサラにすることです。
多くの病気は血液が汚れることで発生するのです。
血管が詰まって流れが悪くなると、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こします。
命に関わる病気も、きっかけは血液のドロドロからきています。
血液を綺麗にするためには、適正体重を維持しつつ、食生活で脂肪分の摂りすぎを控えることが大切です。
女性は男性よりも体脂肪を溜め込みやすいので、体重コントロールは慎重に行いましょう。

お酒は百薬の長?女性の健康法 ?>

お酒は百薬の長?女性の健康法

酒は体に悪いと思われがちですが女性にとって嬉しい効果がたくさんあります。フェルラ酸による認知症の緩和はその1つです。美容効果もあるフェルラ酸は活性酸素の働きを抑制することから認知症予防に効果があるのです。また米麹が入ったお酒の場合はコウジ酸に発毛効果があるため髪の毛の悩みを抱えている人にもお酒は良いのです。毎日新聞お酒を飲む人は普通の人に比べて善玉コレステロール値が高いです。善玉コレステロールは体調を整え細胞を作り出す働きをしてくれるため健康面において酒は優れた効果を発揮してくれるのです。善玉コレステロールは日本酒のみに含まれる成分によって増えていくためどの酒でも良いわけではなく日本酒が良いのです。

健康への負担が変わる女性の靴 ?>

健康への負担が変わる女性の靴

女性は足元のオシャレを楽しみたいことから、ご自身の足に合っていない負担のかかる靴を履いている方が多い傾向にあります。その結果、足にまめができたり、タコができたり、外反母趾に悩んでいる方も多いです。
自分に合った靴を履いていないと、健康を害する恐れがあるといわれています。無理して合わない靴を履き続けることで、負担がかかり足の筋肉が硬くなります。O脚やX脚のように足の形が変わってしまうこともあります。
足にあった負担のかけないものを選ぶ事が大切です。足の不調は、合わないものを履いていることが原因だといわれています。
履いていて楽なものを選び、高さや、足の幅の狭すぎるものを無理して選ばないようにすることも大事です。
自分にあったものを履き、オシャレな健康を目指しましょう。

出産を機に変わる女性の健康意識 ?>

出産を機に変わる女性の健康意識

女性は妊娠、出産を経験すると体の状態がガラッと変化します。
特に妊娠中は体重増加や脂肪を溜め込みやすい体に変化するため、毎日の食事内容や間食などについても深く考えるようになります。
栄養バランスとカロリーなども計算して摂取するようになりますし、生活リズムも変わります。
出産後は赤ちゃんに母乳をあげる人は特に、食べ物や健康に気をつけなければならなくなります。
いままでは一人の体だったので、ある程度自由に飲んだり食べたりできていたものが、赤ちゃんにダイレクトに伝わってしまうので赤ちゃんのことを考えた食事内容や生活に変わります。
このように出産を機に守るべきものができると、健康を強く意識せざるを得なくなるのです。

健康のために「ながら運動」しましょう ?>

健康のために「ながら運動」しましょう

「ながら運動」のすすめ!
運動すれば簡単に痩せることができるのですが、これが続かないのでダイエッターは苦労していると思います…
単純に歩くって厳しいですよね?ですから、出来る限りついでに運動がいいのです!エスカレータやエレベーターは使わないで階段で移動することや、お腹を引っ込めた状態でしばらくいるとか、なんでもいいので「ながら運動」をしてみましょう!?そうすると、1週間、1ヵ月後と体重に変化が表れるかもしれませんよ~。趣味があるといいかもしれませんね!サッカー、ゴルフ、なんて競技は意外と運動量が多いので趣味に打ち込むのも、ながら運動になるので楽しみながら痩せることができますね!
健康のためにバランスがいい体型を維持しましょうね…